勉強とは孤独です

身は昔は教育が好きではなかったです。

但し教育は学園におけるままだけ講じるものではないと大人になって実感するようになりました。

身は学園を卒業してから、簿記という宅建の資格を取るために勉強したことがあります。

理由は、簿記は経理の役回りの違いを広げるために本人希望して教育しました。

成約、絢爛合格して、凄く嬉しかったです。

その時の歓喜や満足は特別な一品でした。

そうしたら、宅建は店先近くが教育料金を補助してくれるのでチャンスだと思ったからです。

但し宅建のチャレンジには合格することが出来ませんでした。

これは今でも悔しく思うことがあります。

も、不思議なことに合格しないことが私の再入社を飛躍させたのかもと考えることもあります。

というのは、宅建の免許を取っていたらそれを生かす役回りを探していたケー。

すると、今の主人は出会えなかったかもしれないからだ。

そんなふうに考えると、成約オーライと言えます。

いよいよ自分で決めるとして勉強するといった取り組み方が真剣になるものです。

今興味があるのは、調理や収納といった実用的な嗜好の免許だ。

これならファミリーに役立つと思います。

年齢と共に諳記テクノロジーも熱意もどうしても難しくなってくるが、言い訳をせずに身らしく取り組みたいとしている。